手すり取り付けはリフォームの一括見積もりサイトで料金比較しよう

手すり取り付け料金

高齢化社会を迎えている今では住宅をバリアフリー化することが流行しています。最も基本的なバリアフリーの方法には、手すり取り付けを行う内容があり、普通の一軒家で考えた場合でもかなり範囲は広くあります。トイレやバスルーム、廊下や階段、玄関周りなど様々な場所で効果的に使えますが、リフォームするにはDIYで行うことができる場合とそうではない場合に分かれています。手すり取り付けには必ず設置する壁の内部が空洞ではなくきちんとした木材があることが基本になり、ネジをしっかりと固定しなければ逆に危険性が高まってしまいます。

 

壁の内部の状態を確認できない人であれば、やはりリフォームの専門会社に任せると安心できる施工を実現できます。ここで気になってしまうことがあり、リフォームに費やす料金を挙げることができます。手すりはホームセンターでは安く販売されているものを見つけることができるように、料金は施工代として技術料が多いことも事実です。できるだけ安い費用で手すり取り付けのリフォームを行うことを希望している人ならば、一括見積りを使って料金比較を行うことが最も安心です。ウェブサイトにはリフォーム関連の一括見積りサイトというものがあり、住所や連絡先を入力することは必須ですが、サイトによってはリフォームしたい内容の詳細事項を自由に入力できる項目を用意していることが多いので、手すり取り付けをする場所を事前に明確にしてサイトに入力をすると、複数の会社から連絡を貰うことができるという機能を使えます。

 

登録をしている会社はライバル会社が存在していることは十分に承知をした上で料金を提示するので、低料金で施工をお願いしたい際にはかなり便利なサイトとして使えます。勿論ですがリフォーム会社から連絡が来ても、自由意思でお断りをしたり保留にしたりすることは全く問題が無いので、複数の会社からの見積もり額を聞いて落ち着いて判断をすることにも最適な環境です。

手すり取り付けの料金相場

手すり取り付け相場

手すり取り付けは高齢化社会を迎える日本の住宅においては非常に多いリフォームのポイントとなっています。そのため価格も非常に安定している傾向がある反面、状況によっては安全で効果的な利用を行うために様々な手法を用いておりその他のリフォームを行わなければいけない状況も発生することが多いため、その料金相場は非常にばらつきが多くなっているのが特徴となっているのです。

 

単純に階段に手すり取り付けを行う場合には材料費を含めて10万円以内でできる場合も多いのですが、多くの業者は単に手すり取り付けを行うだけではなく、バリアフリーの観点から様々な改造を提案してくることが少なくありません。そのために工事費が高くなってしまうことも多いのですが、逆に業者の説明をよく聞かないと思う番の損をしてしまうばかりでなく、安全性の確保が十分にできないためにトラブルを発生させてしまうことも多いので注意をしなければならないのです。

 

手すり取り付けは一定の基準に基づいて工事を行った場合、バリアフリー住宅のリフォームの基準に合致し自治体などから補助金を得ることができる場合も少なくありません。実際に手すりの取り付けでバリアフリーの対象にならなかった場合に比べて様々な改造を施してバリアフリー対応となった場合の方が結果的に工事費用が安くなることもあるのです。そのため料金相場を十分に意識するとともに、これらの相場に対して補助金がどれだけの割合で利用することができるのかを十分に業者と相談することが重要となります。手すり取り付けは非常に簡単な作業と思われがちですが、実際には人間工学に基づいて最適な位置に取り付けを行う必要があり、その設計のために多くの時間と費用を費やすことが必要となる場合も少なくありません。料金相場を確認する場合には様々な条件を十分に考慮し、その条件に見合った内容で比較をすることが必要となります。加えて補助金の利用に関しても効果的な利用を行うことができる工事内容を十分に業者と相談することが重要となるのです。

手すり取り付けのメリット・デメリット

手すり取り付けメリット

高齢社会の日本では、バリアフリー住宅も今では当たり前となってきました。家のリフォームを進めているご家庭も多くあることでしょう。特に住宅のリフォームで多いものが、手すり取り付けです。高齢者と同居している状態でなくても、今後の生活を見据えれば、手すり取り付けは必要な事だといえます。身体の機能が低下すると色々なことが大変になってきます。ちょっとした段差でも怪我をする恐れもあります。安心した生活の維持のために少し考えてみましょう。

 

手すりを付ければ、浴室やトイレなど、立ったり座ったりする場所では非常に役に立ちます。玄関も人の出入りが多い場所ですが、身長に合う高さに手すりを設置すると、かなり快適になります。設置に関しても取り付けるだけなので、出入り口のリフォームや段差をなくすリフォームよりも手軽にでき、メリットが多くあります。身体が安定し、足腰への負担が軽減されるので、家内でうっかり怪我をする心配も大きく減ります。バリアフリーの工事は自治体から補助金も出るので、今後の介護用のリフォームを考えるきっかけに手すり取り付けを始めてみましょう。もちろん、何ごとにもデメリットがあることを忘れてはいけません。手すりを付けた場合、スペースが狭くなってしまうことは確かです。トイレなどの狭い個室の場合、さらに窮屈になってしまわないか考えて設置しないと、逆に動きにくくなってしまうので注意しましょう。

 

基本的に適切な場所に設置しないと、手すりの意味がなくなるので、間違えないようにしたいものです。どこにでもあればいいというわけではないので、手すりの形や大きさもきちんと選び、必要に合わせてつけましょう。手すりにはL字型やI字型など様々な種類のものがありますが、最近では可動型の手すりもあり、使いたいときに便利にご利用いただけます。ご自身での手すり取り付けに自信がない場合は、リフォーム会社に頼んだ方が適切かもしれません。

手すりの交換時期

手すり取り付け時期

家族にご高齢者がいるご家庭も多くなり、少しでもお年寄りが生活しやすいようにとリフォームを考えているお宅もあると思われます。大掛かりな工事とはいかなくても、歩くための補助になるようにと手すりを付けたり、ちょっとした段差に躓きケガをしないように床面をフラットにしたり。滑って転ばないように滑り止めを付ける、浴室・トイレだけでもお年寄りが使用しやすいように交換してあげるなど。高齢者の対象年齢や対象となるリフォームの種類は異なりますが自治体に補助金制度があります。補助される金額の上限も自治体によりまちまちですので確認が必要となりますが、高齢者の数が増えたことに加えこういった制度の後押しもあり最近ではご自宅に手すりを設けるご家庭が増えてきています。

 

以前は手すりというと階段に設置するぐらいしか思い浮かばなかったけれども、最近では廊下やトイレ・浴室といった所に普通に設置されるようになりました。では、この設置された手すり一度取り付ければずっと使用でき壊れることは無いのでしょうか?そんなことはありません。毎日のように何気なく体を預けてはいますが、少しずつ留め具も劣化し耐久性も落ちてきているはずです。手すりは階段の上り下りや、トイレ着座の補助具、浴室の転倒防止、などいざという時に体の体重を支えてれる場所へ設置されているはずです。いざという時に手すりが壊れてしまっては意味がないどころか命の危険さえ伴います。

 

手すりを選ぶときは見た目も大切ですが頑丈な材質の物を選ぶようにし、握りやすさも考慮に入れるようにして下さい。そして設置した後は時機を見て少し力を加え引っ張るなどして止めてあるネジに緩みや外れている箇所がないかをチェックし安全点検をしてください。長年使用していると止めてあるビスもサビ折れてしまうことがあります。何か違和感や異常を感じたならば早めに点検、交換工事を検討する必要があるでしょう。壊れた時が交換時期ではなく壊れる前が交換時期です。家族がけがをしてから気づいたのでは遅いのです。早め早めの対応をお願いします。

リフォーム契約書のはどこをチェックする?

手すり取り付け契約

リフォームは新築と比べると、工事がそれほど本格的でなく工事総額が少なくて済むということから、つい気軽に物事を判断しがちになりますが、そういう事例で失敗したというケースもあるので、新築物件と同様に対応する必要があります。建築業者がいつもお世話になっていて、長い間のお付き合いだというような特別の場合であればともかくとして、後日のトラブルがないように、また発生してもきちんと対処できるように、契約書をきちんと整えるのが良いと言えます。一口に契約書といっても通常は様々な書類を整えます。それらは全て契約内容を表すものであるので、名称が異なっても総合的にチェックする必要があります。費用総額や代金の支払方法そして工事の開始や終了予定を書き込んだ工事請負契約書、それに伴う取り決めについての約款、材料や諸経費なども掲載した見積書、それに図面や床・壁・天井などの資材や工法を記載した仕上げ表などになります。

 

いずれも建築には重要なことであり、説明を受けて了承したものと違っていないかは、きちんとしておく必要があります。それが基本で、途中で部分的な修正が必要なことが発生したとしても、その仕様に近いもので行い、金額は総額内に収めるということになります。どうしても金額の修正が必要とか、工法や資材を変えるという場合は、建築業者から説明があり、両者が合意した上で契約書を締結し直すということも行います。それくらい重要な書類だということが言えるのです。したがって、工事の納期が予定通りに終わらなかった場合の工事遅延違約金の項目なども、一般的には定められているので、確認しておくことになります。

 

瑕疵担保責任といって、完成後すぐに分からなかった不具合を保証するという制度も一般的には定められていますし、クーリング・オフと言われる依頼主が契約後に考え直し、一定の期間内であれば契約を解消することができるということも通常のこととなっていますので、これらも確認することです。
専門家でなければ理解しにくいことも多いので、契約内容をよく読んで、分からないところや疑問点は遠慮しないで、クリヤーしておくのが賢明と言えます。